HbA1cが院内で5分で測定できるように

HbA1cが院内で5分で測定できるように

当院には血糖値を改善させたく通院されている方が多くいらっしゃいます。

 

HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)は過去2ヵ月程度の糖尿病コントロールの状態を表すものとして知られています。

 

今までは検査を外注していたため、検査結果はその日すぐにはわかりませんでした。

 

患者さんが「がんばって食事を気をつけてきました!」、「毎日運動していました!」と来院されても、成果がすぐにわからないとモチベーションも上がりにくいでしょう。

 

そんなお気持ちに応えるべく、HbA1cを採血してから5分で測定できる検査機器を導入しました。
三和化学研究所の『A1c iGear Quick S』です。

 

測定時間が短いだけではなく、採血量も1μl(1mlの1000分の1)と、ごくわずかで済みます。

 

糖尿病をお持ちの方はもちろん、血糖値が気になる方はぜひ調べてみましょう。